【美肌菌】知らなきゃ損!いつもの癖を見直して美肌を育てる方法

f:id:darivitsh:20200930201353j:image

綺麗なお肌を作るには、外からのケアだけじゃ足りません!

 

美肌になれると噂の『美肌菌』を育成しましょう♡

 

 

最近よく耳にする美肌菌とは?

 

健康なお肌は弱酸性

 

人は本来継続的に皮脂膜を作りだし、自らの肌を弱酸性に保つ力を持っています

 

この皮脂膜の生成に必要なのが皮膚常在菌。

 

これが美肌菌と呼ばれるものです 

 

美肌菌と呼ばれている皮膚常在菌がバランスの取れた状態であれば、高~いコスメを使わなくてもお肌を綺麗に保てるということなんです!

 

 

表皮ブドウ球菌

 

美肌になるために最も大切な善玉菌

 

バリア機能を高め、悪玉菌でもある黄色ブドウ球菌からお肌を守ってくれます

 

表皮ブドウ菌は角質層に存在するので、ゴシゴシ洗いや過度なピーリングで無理に角質を除去すると減ってしまいます

 

 

表皮ブドウ菌が復活するには半日かかる

 

 

「あ、意外とすぐに元に戻るんや!」と思った方

 

その考えは危険!

表皮ブドウ菌が減るとお肌がアルカリ性に傾く

⇩ すると ⇩

お肌の潤いを保つ成分が溶け出しやすくなる

⇩つまり ⇩

半日の間ずっと、お肌の乾燥を加速させているということ!

 

半日、されど半日です。

 

またアルカリ性に傾いたお肌はニキビや肌荒れの原因になるアクネ菌やブドウ球菌が増えてしまうので、お肌にいいことなし!

 

 

アクネ菌

 

バランスが保たれれば美肌に、少しでも傾くとニキビや肌荒れの原因となる菌

 

ニキビの原因という悪いイメージが強いですが、アクネ菌もお肌にとって良い働きをしてくれる善玉菌なのです

 

それは皮脂を栄養にし、お肌を弱酸性へと導く物質を作ります。

 

そして皮膚に付着した病原菌の繁殖を抑えてくれているんです!

 

ですが、皮脂が増え毛穴が詰まるとアクネ菌が増えすぎてしまい、赤ニキビの原因となってしまいます

 

菌のバランスを保つことが重要ですね♪

 

 

黄色ブドウ球菌

 

菌のバランスが保たれた状態だと特に悪さをする菌ではありません

 

ただ増えすぎてしまうと、皮膚がアルカリ性に傾いてしまいニキビや肌荒れを起こしてしまいます

 

美肌菌のバランスを保つのに必要な菌であることを覚えておきましょう

 

 

 

美肌菌を育てて綺麗な肌になる方法

 

この菌が多いから良い・悪いではなく、美肌菌はバランスが保たれていることが大事ということが分かりました

 

では、どうバランスを保っていけばよいのでしょうか?

 

 

洗顔後はすぐに保湿をする

 

濡れたお肌を放置しておくと、皮膚の水分まで蒸発してしまいます。

 

なので水分はすぐにふき取り、こまめに保湿をしましょう!

 

潤った肌環境は表皮ブドウ菌の繁殖を助けてくれますよ♪

 

※毛穴詰まりが気になる方は、オイルやクリームではなくハンドクリームや美容液での保湿が◎

 

オルビス史上最高峰エイジングケア【初回送料無料】 

 

 

汗をかく

 

汗は表皮ブドウ菌の栄養となります

 

菌の活動が活発になるので、ウォーキングやお風呂、運動などでしっかり汗をかきましょう

 

日常的に汗をかく習慣をつけるのは難しいかもしれませんが、美肌を目指すためがんばってみませんか?

 

自宅で岩盤浴ケアができる【肌断食の湯】

 

 

クレンジングをしない日をつくる

 

クレンジングは洗浄力が高いため常用菌まで洗い流してしまいます。

 

なので休日はメイク無し、クレンジング不要のコスメを使うなどでNOクレンジングの日を増やしましょう!

 

 

口コミでも評判!

石鹸で落とせるコスメ『ラロッシュポゼ』

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビオデルマ サンシビオ(Crealine) H2O D 500ml(340157...
価格:1298円(税込、送料別) (2021/2/19時点)

W洗顔不要の水クレンジング

さっとメイクを落とせる上、摩擦を減らせるので美肌菌を育てる時には最適なクレンジング♡

私もビオデルマに変えてから、お肌の調子が格段に良くなりました♪

 

 

 

食事に気を付ける

 

化粧水やクリームでお肌の表面をカバーすることも大事ですが、化粧品は角質層までしか浸透しません。

 

なので身体の内側からアプローチすることが美肌への近道! 

 

 

腸内の美肌菌を整える

 

上記では、お肌を弱酸性に保ってくれる皮膚常在菌が美肌菌とお伝えしました。

 

実は皮膚常在菌だけでなく腸内の善玉菌も美肌のカギを握る美肌菌なんです!

 

腸内で善玉菌が増えると血行が良くなり体の隅々へ栄養がいきわたります。

 

これにより常在菌の棲家が快適となり正常な働きをしてくれます。

 

つまり腸内環境を整えることで、内側からも美肌アプローチを仕掛けることができる!

 

 

身体の糖化を予防する

 

身体が糖化するとどうなるかご存じですか?

 

 

結論、

老けます

 

 

体内で糖化とは、体内の細胞が『こげる』状態になること。

 

糖化によりコラーゲンの繊維が破壊されお肌のハリや弾力が失われます。

 

また糖化によりシミやくすみを生みます。

 

1度糖化してしまうと元に戻らないので、今すぐ食習慣を変えていきましょう!

 

 

野菜から食べる

 

野菜や海藻など食物繊維を多く含む食材から食べると血糖値の上昇を抑えることができます。

 

また、野菜は『揚げる』『焼く』『炒める』よりも『生』や『蒸す』調理法だと尚GOOD! 

 

 

抗糖化食品を取る

 

緑茶やウーロン茶を食前に飲むと糖化を抑制することができます

 

またクエン酸を含むレモンお酢を使って調理すると糖化を抑えてくれます

 

 

美肌菌を育てる際ににNGな行動

 

 あなたはいくつ当てはまりますか?

✅長風呂が好き

✅ウォータープルーフコスメを使う

✅顔も体もゴシゴシと洗う

✅美顔ローラーを使う

✅スキンケアアイテムをたくさん使う

✅菓子パンなど甘いものをよく食べる

✅早食い、暴飲暴食

✅消臭スプレーを使う

 

一つでも当てはまれば、今日からその行動やめましょう

 

 

美容に良いと思って入るお風呂

 

湯船に浸かることは美容にとってGOOD♪でも長風呂はダメ!

 

長風呂は必要な成分まで体から溶け出してしまいます。

 

40度までのお湯に15分ほど浸かるのがベスト!

 

関連記事

 

 

肌への刺激

 

スキンケアをしているからと、油断していませんか?

 

スキンケアの時の刺激もお肌には大敵。

 

洗浄力の強いクレンジングや洗顔、硬い素材のタオルで体を洗うのはやめましょう

 

 

またスキンケアアイテムをあれこれと使うことも美肌菌育成には禁物。

 

肌本来の力を引き出す妨げになってしまいます

 

関連記事

 

 

血糖値の上がる食べ方

 

菓子パンなどの甘い物を頻繁に食べているとずっと血糖値が上がった状態に。

 

体内は焦げ焦げです。暴飲暴食も血糖値のふり幅が広くなるので危険!

 

 

除菌・殺菌

 

忘れがちな除菌や消臭スプレー

 

臭いやウイルスが気になるからと、つけすぎは厳禁

 

殺菌作用があるので、皮膚の常在菌まで殺菌されちゃう!

 

保湿などアフターケアをしっかりしてね

 

 

美肌菌についてまとめ

 

美容に良いと思ってやっていたことが、実は綺麗なお肌を保つ美肌菌を壊しているなんて信じられないですよね!

 

何気なく行っていた『汚肌行動』

 

見直して美肌菌で綺麗なお肌を育てましょう♪ 

 

 

 

関連記事